• NEW
  • PICK UP
印刷する

小林式TCMT 用鑷子

製品コード
M-2218
本体参考価格
50,000円(税抜)

「経結膜的ミュラー筋タッキング用瞼板固定鑷子:小林式TCMT 用鑷子」

ご考案者 小林 真 先生(秋田県 北秋田市 小林眼科医院)コメント

「経結膜的ミュラー筋タッキング通糸法(Trans conjunctival Müller muscle tucking : TCMT) では、瞼板を終始確実に把持し続けることが手術手技全体において重要であるが、これまで専用の瞼板固定鑷子が無く、ペアン鉗子や眼筋固定鑷子等を代用せざるを得なかった。いずれの代用器具もサイズがまちまちで顕微鏡下での操作がしづらかったり、把持部の瞼結膜を挫滅させ、術後疼痛や異物感の原因となっていた。本法専用のこの瞼板固定鑷子は、瞼板を確実に把持し二重翻転を容易にする他、3.0mm幅の鑷子先端部分を瞼板通糸のガイドマークとすることにより、安定したタッキングを可能とする。」

  • この製品に関するお問い合わせ
  • この製品のカタログ請求
全長 110mm 先端 3.0mm
クラス分類 I JAN 4547451333784
JMDN 16209001

YouTube動画

  • M-2218 小林式TCMT用鑷子

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • カタログ請求